体臭の原因となる雑菌とさよならする簡単な方法

体臭の原因となる雑菌とまだ仲良くしているんですか?

 

 

もうそろそろ、臭い雑菌とさよならしませんか?

 

 

脇汗でアポクリン腺からでる皮脂を分解し、悪臭に変化させる臭い雑菌。

 

とっても簡単にさよならできるんです。

 

 

それも今日から実践可能!!

 

ぜひ取り組んでいきましょう。

 

臭い雑菌よ、さようなら。香り細菌よ、いらっしゃい

臭い雑菌の仕組み

 

お風呂に毎日入っている人は多いと思います。

 

 

しかし、体臭に関しては、

 

「洗えば洗うほど、臭いはより強くなる」

 

という事実があることをご存知でしょうか?

 

 

体が不潔だと悪臭がするのは当たり前のことではありますが、

 

実は、洗いすぎると、もっと臭いが強くなってしまうのです。

 

 

悪臭の元になる雑菌は、黄色ブドウ球菌や真菌です。

 

そう水虫の原因、真菌も悪臭のもとになるのです。

 

いわれてみれば水虫も臭いますものね。

 

 

これら、黄色ブドウ球菌や真菌などは「皮膚悪玉菌」と呼ばれます。

 

この皮膚悪玉菌をいかに抑えるかが、臭いを抑えるポイントのひとつです。

 

 

 

皮膚善玉菌

 

悪臭を出す、皮膚悪玉菌がいるのであれば、当然、皮膚善玉菌もいます。

 

これは、表皮ブドウ球菌という菌で、通常の状態であれば、この表皮ブドウ球菌がほとんど皮膚を埋め尽くし

 

皮膚を保護しています。

 

 

この皮膚善玉菌は、皮脂や汗をエサとして食べ、弱酸性の脂肪酸を作り出し、皮脂から出される脂肪酸とともに、

 

皮膚面を酸性に保ちます。

 

 

脂肪酸というとネーミングからして臭いそうですが、この脂肪酸には、強いにおいになるタイプと

 

香水の原料となるような良い香りのタイプと2種類あります。

 

表皮ブドウ球菌は、当然のことながら、良い香りを続く脂肪酸を作り出しています。

 

 

 

どうすれば皮膚善玉菌が増えるのか

 

では、どうすれば皮膚善玉菌が繁栄するのでしょうか?

 

 

最も簡単な方法は、

 

 

放置

 

 

です。

 

 

つまり

 

なにもしない

 

 

これが前述の「洗えば洗うほど臭いが強くなる」につながっていきます。

 

 

皮膚善玉菌を残す体の洗い方

 

なんと、皮膚善玉菌は欲のない細菌で、シャワーを浴びただけで、

 

約80%

 

近くの表皮ブドウ球菌が流されていきます。

 

 

しかし、残された表皮ブドウ球菌はせっせと仲間の数を増やそうと努力を始めます。

 

ところが、ここで、力任せにゴシゴシと身体をアルカリ性の合成洗剤であらったら、

 

表皮ブドウ球菌の99%が洗い流されてしまいます。

 

さらに、表皮ブドウ球菌の好きな、人間の表面を覆っている皮脂膜までもが洗い流されてしまいます。

 

その結果、表皮ブドウ球菌がエサもなくひもじい思いをしているすきに、アルカリ性の大好きな

 

黄色ブドウ球菌軍団がやってきて、皮脂などを食べながら繁殖してきます。

 

そうしますと、臭いがどんどんと発生することになってしまいます。

 

 

では、どのような洗い方をすればよいのでしょうか?

 

人間の体は、ゴシゴシ洗わなくても、汚れが落ちさえすればいいわけです。

 

さらに、流されてしまう表皮ブドウ球菌をいかに洗い流さないかということが大切です。

 

 

わたしがあなたにおすすめしたい一品は? ボディーソープなどもありますが、一番おすすめしたいのが、

 

固形石鹸

 

です。

 

 

やはり、体に優しいことでは、固形石鹸の右に出るものはいません。

 

この固形石鹸をしっかりと泡立てて、その泡で体を優しく洗います。

 

 

サーっとなでるように洗う程度で十分です。

 

そして、よく流します。

 

 

こちらの体の洗い方も要チェック!!

 ↓   ↓   ↓

お風呂における体の洗い方 完全マニュアル

 

 

シャワー等で流すだけでもかなりの表皮ブドウ球菌が流れてしまいますので、

 

残りの20%の表皮ブドウ球菌を大事にしていかなくてはなりません。

 

この表皮ブドウ球菌は、よい香りを発します。

 

自分でよい香りを作り出すなんて、おしゃれじゃないですか?

 

 

ぜひともよい香り目指して、優しく洗ってあげてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ