脇が臭うからといって脇を絞めるとさらに臭ってしまう

私のように脇の臭いがきつい人は、当然ながら手を上にしっかりと上げられません。

 

だって臭うんですもの。

 

他人に迷惑をかけてはいけませんからね。

 

というのはいいわけで、恥ずかしいし困っているからです。

 

 

なので、なるべく、腕を動かさまい動かさまいと脇を絞め気味に過ごしてしまい、

 

結局は自分の脇で臭いを凝縮してしまっていることがあります。

 

この状況は非常にまずい状況です。どうしたらいいのでしょうか?

 

 

脇を絞めると臭うのは当然だ。どうすればいい?

脇を絞めると臭ってしまうメカニズム

 

まずは、なぜ脇を絞めると臭ってしまうかということです。

 

脇を絞めると、外気と遮断されます。

 

そうすると、脇の温度がぐんぐんあがります。

 

だって、外気と遮断された密閉空間ですからこもって温度は上がります。

 

 

温度が上がるとどんどんどんどん蒸れてしまいます。

 

これは当然ですね。密閉されている上に、

 

温度が上がるということは、温度=体温を下げようと汗が分泌されるんですから。

 

 

汗が出ても汗は行くところがないので脇に滞在し、温度は上がっているので、

 

蒸れるというわけです。

 

 

脇が蒸れるといいことはありません。

 

脇の常在菌が汗と皮脂とを材料に、臭いをどんどん発生させていきます。

 

 

しかも、どんどん臭いが発生しているにも関わらず、脇を絞めているので、

 

臭いの濃度はどんどん濃くなってきます。

 

こんな状況で脇を開放した日にはどうなるでしょうか?

 

そうです。

 

 

一気に臭いが拡散していきます。

 

 

これは辛いです。

 

まだ脇を絞めない方がましだったということになるかもしれません。

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

 

脇の臭いを薄くするには?

 

脇の臭いを薄くするにはどうすればいいかです。

 

 

汗が発生して臭いの材料ができてしまうので、汗が発生しなければいいんです。

 

制汗剤を使ったとしても汗が出てしまう場合には、

 

脇をよく乾かすことが大切です。

 

つまり、通気性をよくする必要があります。

 

通気性を良くするために、脇を絞めてはいけません。

 

脇を少し開けましょう

 

 

脇を少し開けておくと、乾燥しやすくなるほかにもメリットがあります。

 

それは、脇が乾燥するということは、脇の温度が下がるということです。

 

 

脇の温度が下がれば、汗をかきにくくなります

 

 

汗をかきにくくなれば、臭いにくくなります。

 

これは、まさに好循環ではないですか。

 

臭っていた原因は、汗をかいていることだったんですね。

 

脇を絞ることは、臭いを自分の中にため込むことです。

 

そして、ためこむだけではなく一気に放出するためいいことがありません。

 

 

脇は締めずに生活する方がよさそうです

 

 

脇を密閉していると他にもトラブルが起きてきます。

 

なんか白いできもののようなものができることがあります。

 

これに悩んでいませんか?

 

 

白い物体が気になっている人はコチラ

 ↓   ↓   ↓

脇の白い物体の正体は何か?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ