脇の毛穴が黒くなっても決して絞ってはいけません!

脇の毛穴って気になりませんか?

 

気にしている人、多いですよね。

 

 

そして、わき毛の処理も正しくしなければ、脇の黒ずみの原因になったりします。

 

ここでは、脇の毛穴の正しいケアについてご紹介します。

 

 

脇の毛穴は決して絞ってはいけないワケ

脇の毛穴って?

 

脇の毛穴は他の部署の毛穴に比べてやや大きめです。

 

これは、わき毛が脇を守るために太めにできているため、必然的に毛穴も大きくなっています。

 

このわき毛の処理はみなさんどうしていますか?

 

このわき毛の処理で、最も間違っているのが、

 

毛抜きで抜く

 

です。

 

この毛抜きで抜くことは、いいことはひとつもありません。

 

 

わき毛の処理は毛抜きは使うな

 

わき毛の処理で、毛抜きを使うと、毛根から抜くようになります。

 

 

しかし、上の図のように、毛根の近くには、皮脂腺や巨大なアポクリン腺があります。

 

毛穴を毛根ごと抜いてしまうと、このアポクリン腺が刺激され、臭う汗が分泌されます。

 

 

抜くときに毛穴を絞るようにして抜くとさらに最悪です。

 

 

皮脂腺も刺激されるだけでなく、炎症を起こしかねません。

 

ただでさえ、毛根からぬくことで、肌や毛穴にとても負担をかけている状態です。

 

そこに、絞ったりして外的刺激を与えると、炎症を起こし、ばい菌が入って膿んでしまいます。

 

 

わき毛がなくなると、臭いがこもったりしないので、よいとされていますが、

 

毛抜きで抜いた場合には、アポクリン腺が刺激されているので、

 

臭う汗をわざわざ出させていることになってしまいます。

 

そうとも気付かずに毛抜きで抜き続けると、ますます臭う脇になってしまいます。

 

これって最悪じゃないですか?

 

 

脇の処理はどうしたらいいの?

 

では、脇の処理はどのようにしたらいいのでしょうか?

 

 

わき毛の処理は、脱毛サロンなどが一番です。

 

 

もし、どうしても自分でするのであれば、電気シェーバーでやるのが一番でしょう。

 

脇の処理は肌も薄い部分ですので、実は、脇というところは、大変デリケートなところです。

 

刺激の少ない、負担の少ない方法でするのがいいですね。

 

 

脇が黒くなる原因

 

脇が黒ずむことがあります。

 

これは、脇の毛穴の黒ずみです。

 

脇の毛穴に負担をかけてしまった結果、黒くなるのです。

 

ですから、決して、毛抜きで抜いたり、絞って膿を出そうとしたりしてはいけません。

 

一度、黒ずむと基本的にはなかなかきれいになりません。

 

また、脇自体に負担がかかるため、臭いも強くなってしまいます。

 

そうすると、また、毛を抜きたくなったりと悪循環になりますので注意が必要です。

 

脇の黒ずみは、優しく泡で洗うことによって、角質の汚れの場合は時間をかけて落ちていきます。

 

体の洗い方は非常に重要ですね。

 

 

また、もし逆に脇を絞った時に白いにゅるにゅるしたものが出てきた時も要注意!!

 

これは、炎症ではなく違うものです。

 

脇を絞ると出てくるにゅるにゅるしたものの正体はコチラ

 ↓   ↓   ↓

脇を絞ると出てくる白いものは〇〇だった

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ