わき毛の処理の仕方で汗の量が全然変わる新対策!

女性のみなさん、わき毛の処理はしていますか?

 

 

私は男性なので、わき毛処理はしていません。

 

 

だからこそ、調べてわかったわき毛の処理の仕方によって、

 

脇汗の量がとっても変わります。

 

実は、脇汗対策の中でも重要なポイントでした!

 

 

わき毛の処理の仕方でこんなに変わる脇汗の量

わき毛の役割

 

まずは、わき毛はなんで生えているのでしょう?

 

 

わき毛には3つの役割があります。

 

 

①脇がこすれるのを防ぐ役割

 

②脇のリンパ節を守る役割

 

③匂いをためておく役割

 

 

この3つです。

 

 

①②は納得ですよね。やっぱり毛っていうクッションがあれば違います。

 

(現に脇毛を所有している私が言うんですから間違いない)

 

 

③については、もともと、脇の匂いというのは、異性を引き付けるための

 

フェロモンの役割をしていました。

 

 

しかし、今では時代も変わり、このフェロモンとしての役割は終了して、

 

悪臭として名を残すことになってしまいました。悲しいですね。

 

脇汗やワキガはこの③の名残なんです。

 

 

わき毛の処理の方法

 

この悪名高いわき毛ですが、女性のみなさんは処理をされている方が

 

非常に多いです。

 

 

海外の女性の方では、わさーっとされている方もおられますが、

 

日本においては、女性は処理をするのがマナーですね。

 

 

さて、そのわき毛の処理の仕方が、脇汗対策に非常に重要になってきます。

 

 

あなたは、どのようにしてわき毛処理をされますか?

 

 

抜く?

 

剃る?

 

脱毛サロン?

 

ガムテープ?

 

 

この処理の仕方によって、脇汗の量が全然変わってきます

 

一番いいのは、もちろん  ガムテープ  です。

 

 

・・・。

 

 

ごめんなさい。ウソです。

 

 

一番良い方法は、 脱毛サロン です。

 

 

ワキガなどの原因となる、アポクリン腺は、わき毛の毛根のすぐそばにあります。

 

脱毛をすると、もともとの毛穴が時間の経過とともに徐々に小さくなっていきます。

 

このため、アポクリン腺は外界と遮断されるようになり、アポクリン腺からの汗は

 

出にくくなります。

 

 

ただし、エクリン腺は毛穴とは関係ないところに存在するため、

 

脱毛によって、汗の量が増減することはありません。

 

脱毛することによって、アポクリン腺からの汗が抑えられるため、

 

結果的に汗の全体量としては減りますし、臭いの面から劇的変化をもたらします。

 

 

二番目におすすめの方法は、 剃る です。

 

ただし、剃るときに絶対的に注意をしてほしいことがあります。

 

必ず

 

毛の流れに沿って剃ること

 

です。

 

毛の流れと反対に逆なでするように剃ると、肌は傷つき、さらには、

 

脇の黒ずみの原因になります。

 

 

脇汗は、脇自体をパッと見ても気づかれませんが、脇の黒ずみは目立ってしまいます。

 

必ず、毛の流れに沿って剃るようにしてください。

 

もちろん、シェービングクリームやジェルなどを使用して優しくしてくださいね。

 

 

脇汗対策から見て、わき毛のしてはいけない処理NO.1は 抜く です。

 

ガムテープは当然論外なので、無視しておきましょう。

 

 

脇汗・臭い対策ではわき毛を抜くことは絶対にしてはいけません。

 

 

わき毛は、アポクリン腺のすぐ横に毛根が入り込んでいます。

 

わき毛を抜くということは、この毛根も抜くわけです。

 

そうしますと、そのすぐ横にあるアポクリン腺を刺激してしまうことになります。

 

 

刺激をされたアポクリン腺は喜んで働き始めるため、

 

結果として、アポクリン腺からの汗の分泌が増えるという最悪の事態を引き起こすことになります。

 

 

脇汗・臭い対策としては、わき毛を絶対に抜いてはいけません。

 

丁寧に剃るか脱毛をおすすめします。

 

このことを気を付けるだけで、汗の量が断然減ります。

 

 

ただし、エクリン腺の数は変わらないため、エクリン腺からの汗の量は変わらずでます。

 

エクリン腺からの汗はサラサラですので、制汗剤や体質改善などで、抑えることが可能です。

 

臭いの悩みを少しでも減らしていくことは、脇汗対策の中でも重要ですよね。

 

 

汗の量を体の中から減らしたい場合はコチラ

 ↓   ↓   ↓

確実に汗と臭いが減る最強サプリメント

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ