脇から汗が垂れるのは病気なのか??

脇から汗が垂れることありませんか?

 

私の場合は、すっごい暑い日よりも、

 

舞台などでしゃべったりしなければいけない時など

 

緊張した時の方が脇から汗が垂れます。

 

自分でもわかるくらい汗をかくんですよね。

 

これって病気なんでしょうか?

 

 

脇から汗が垂れるのは病気??

脇から汗が垂れる原因

 

脇から汗が垂れる原因はいろいろ考えられます。

 

〇多汗症

 

〇緊張性発汗

 

〇汗腺が弱った

 

 

これらの中で悩んでしまうのは、

 

多汗症と緊張性発汗

 

ではないでしょうか?

 

 

多汗症

 

その名の通り、汗が大量に出てしまう病気です。

 

自律神経の乱れが原因だったりといわれています。

 

 

改善する方法としては、体質の改善が望ましいのですが、

 

即効性のある方法としては、

 

デトックス注射

 

があります。

 

 

ボツリヌストキシンを脇の汗腺に注射することによって、

 

汗を抑えます。

 

これは、非常に効果が高く一発で抑えられます。

 

ただし、効果が、3か月から6ヶ月程度しか持たないため

 

そのたびにしなければなりません。

 

しかも、基本的には、医療保険が使えず、自費です。

 

費用は病院によって異なりますが、8万~10万円といったところです。

 

しかし、「原発性腋窩多汗症」という病名がついている人は、

 

医療保険が使えます。

 

医療保険が使えるということは、一般的な人では3割負担で接種することができるということです。

 

これは非常に大きいことです。

 

しかし、痛みが出たりすることもあるため、

 

デトックス注射を希望する場合は、医師としっかり相談をしていきましょう。

 

 

もしそこまでではなくすぐに改善したい場合には、

 

手軽にできるところから言えば、制汗剤を変えてみることです。

 

 

多汗症の人は、色々と制汗剤を使用しています。

 

しかし、ドラッグストアで売っているものは、効果がいまいちなものが多いんです。

 

 

そこでおすすめをしたいのが、

 

ノアンデ

 

です。

 

ノアンデは、しっかりとした制汗作用に加えて、

 

除菌率100%を誇ります。

 

 

脇の悩みの一つに臭いがあります。

 

ですから、制汗剤を選ぶ場合には、制汗作用と抑臭作用の高いものを選ぶのがポイントです。

 

ノアンデは、これらの条件を軽くクリアしています。

 

しかも、

 

永久返金保証付

 

定期購入でも1回のみで終了してもOK

 

 

と利用者の立場に立ったサービス提供をしてくれています。

 

一度検討してみてもよいと思います。

 

ノアンデについては、コチラも参考にしてみてください。

 

緊張性発汗

 

緊張性発汗は、読んで字のごとく、

 

緊張する場面などで大量に汗をかくこと

 

を言います。

 

 

この時は、一気に汗がその場面ででてきますので、

 

結構大変です。

 

緊張するなということは難しいので、

 

緊張するような場面が想定される場合の対策を考えておいた方がいいですね。

 

少しでも緊張をしないようにするには、リラックスです。

 

肩を上げたり下げたり、深呼吸などをして、緊張をほぐします。

 

これだけでも緊張性発汗の可能性を減らすことができるのです。

 

 

そして、実際に、発汗を抑えることも必要です。

 

そこで重要なのが、やはり制汗剤ですね。

 

ノアンデがベストですが、

 

これに、強力な制汗作用を持つ

 

デトランスα

 

という制汗剤を合わせると、

 

史上最強に強力な制汗・抑臭効果を得ることができます

 

これをしておけば、対策ができているという安心感からも、

緊張性発汗のリスクを少しでも軽減できるんですね。

 

ぜひともノアンデとデトランスαの合わせ技は知っておいていただきたいです。

 

ノアンデとデトランスαのやり方についてはコチラを参考にしてください。

 

 

脇から汗が垂れるのは?

 

脇から汗が垂れる原因をみてきましたが、

 

脇から汗が垂れることそのものについては、

 

病気と認定される場合はあります。(原発性腋窩多汗症)

 

 

しかし、多くの場合は、その自分の置かれているシチュエーションからの

 

緊張性発汗が考えられるのです。

 

緊張性発汗の場合は、予防と対策を知っておけば、問題ありません。

 

そのためには、やはり、効果の高い制汗剤などを使用する方が、

 

気分的に落ち着いて、効果が高くあらわれます。

 

 

普段から運動をして、少しでも汗を出す習慣をつけておくと、

 

より汗の量を抑えることができます。

 

そんなあなたへおすすめできる運動についてはコチラを参考にしてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ