脇などの汗を拭くためのタオルはどんな生地がおすすめですか?

タオルの生地にもいろいろな種類があります。

 

そんな中で、汗を拭きとるのにもおすすめのタオルがあります。

 

 

今では、ホームセンターやニトリにいくと、とってもたくさんの種類のタオルを売っています。

 

でも、汗用のタオルでふさわしいのってわけがわからなくなりますよね。

 

ここでは、汗用のタオルで脇などを拭くのにふさわしいものをご紹介します。

 

 

脇などの汗を拭くのにふさわしいタオルは?

タオルの種類

 

実は、一口にタオルと言ってもいろいろな種類があります。

 

フェイスタオル・バスタオル・ハンドタオルなどなど。

 

しかし、まぁこれらは大きさの違いであることが多く、

 

ある程度、それぞれの生地が決まってしまいます。

 

しかし、生地の種類はいろいろあり、それぞれに特徴があります。

 

パイル生地

 

毛の先がループになっている生地。

 

ふわふわした感じで表面積が大きいので水分を吸いやすい。

 

 

シャーリング生地

 

パイル生地のループ部分を切り取ったもの。

 

あでやかな肌触りとつや。

 

 

ガーゼ生地

 

パイルの風合いとガーゼの柔らかさを併せ持った生地。

 

軽くて乾きやすい。

 

 

朱子織生地

 

生地がつまっており、ガーゼのような生地よりさらにきめ細かい。

 

プリントなどにも向いている。

 

 

ワッフル生地

ワッフルのような見た目で、凸凹している。

 

生地自体がざっくりとしており、柔らかく吸水性もよい。

 

 

無撚糸生地

 

撚りのない糸で織られた生地。

 

柔らかい。

 

 

脇などの汗を拭くにはどんなタオルがいいの?

 

一番のおすすめは、

 

無撚糸生地

 

です。

 

この、無撚糸生地は、赤ちゃんのタオルにも使われており、

 

毛細管現象で、汗をしっかり拭き取ります。

 

また、非常に柔らかいため、脇を拭いたりする時に肌を傷めることがありません。

 

さらに、優しく臭いまで拭き取ることができるので、脇の臭いと汗を一網打尽です。

 

 

次におすすめしたいのは、

 

ガーゼ生地

 

です。

 

理由はやはり吸水性がよいことと、コンパクトです。

 

厚みがない分、無撚糸生地の約1/3くらいの大きさになります。

 

それでいて、しっかりと汗を吸いこむことができます。

 

ただ、柔らかさは無撚糸生地に完全に負けてしまいますので、

 

ゴシゴシこするのではなく、しっかりと当てて吸収するような形で使えば、より効果的です。

 

 

脇などを拭く際のタオルのポイントは、

 

〇吸水性が高い

 

〇肌を傷つけない柔らかさがある

 

この2つを満たす必要があります。

 

やはり、柔らかさの無撚糸生地、

 

吸水性の高さのガーゼ生地

 

が脇汗などを拭くのには、ふさわしいと考えられます。

 

 

脇汗対策でのタオルの上手な使い方はコチラ

 ↓   ↓   ↓

タオルは挟むだけじゃない!こんな方法もある

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ