体質だけじゃない!汗の臭いはこんなところから出てくる

汗の臭いに悩んでいませんか?

 

汗の臭いって体質からきているって考える人多いんです。

 

実は、体質だけではなく、習慣から来るものもたくさんあります。

 

あなたが気付いていない汗を臭わせている習慣はありませんか?

 

 

体質じゃない!習慣で汗が臭っているんです

汗かき体質とは?

 

読んで字のごとく、汗をかきやすい体質の人のことです。

 

体質と言っても、汗腺の数が多かったり、多汗症だったりします。

 

 

しかし、汗かき体質の人は、汗の量が多い割には、あまり臭いがしないことが多いです。

 

それは、エクリン腺からの汗が多いことが挙げられます。

 

 

エクリン腺は99%が水分からできており、ほぼ、無味無臭です。

 

 

ただし、エクリン腺からの汗も、ほったらかしにしておくと、

 

雑菌と結合し、雑巾のような臭いを発することがありますので、

 

対処は必要です。

 

 

しかしこの汗かきは、体質によるところが多く、その都度対処をしていくことが、

 

一番の対応策になります。

 

 

 

習慣による汗

 

一方、習慣による汗は、自分の生活によってもたらされることが多いです。

 

 

最も多いのは、食事です。

 

 

たんぱく質が多くカロリーも高い食事の場合には、分解までに時間がかかり、

 

アポクリン腺からの汗の分泌が多くなります

 

 

アポクリン腺からの汗は、少し黄色味を帯びており、粘質性があります。

 

このアポクリン腺からの汗が、雑菌と結合し、いわゆるワキガ臭を発生させるのです。

 

 

では、どのようにすればよいのでしょうか?

 

 

一番簡単な方法は、食生活の改善です。

 

 

たんぱく質やカロリーの高いものを摂りすぎないことです。

 

そして、抗酸化作用のある、ビタミンAとビタミンEを含む食品を

 

意識的に多くとるようにしましょう。

 

 

ビタミンAとビタミンEは、海藻類・大豆製品・緑黄色野菜に多く含まれています。

 

 

そして、水分を控えてはいけません

 

 

汗が出るからと水分を意図的に控える人がいます。

 

身体の中の水分が少なくなると、血液が濃縮され、

 

ドロドロになってしまいます。

 

 

このため、汗も濃縮され、臭いの元となる、脂質などが多く排出されます。

 

さらに、健康面からも、水分が少なくなると、脳梗塞や心筋梗塞のリスク

 

高くなります。

 

これは、中高齢者に限った話ではなく、20代・30代の男女問わず可能性が

 

あるのです。

 

 

水分は、意識をして飲まないと、なかなか摂れませんし、摂りません。

 

時間を決めて飲むなどの対策が必要です。

 

 

きちんと水分が体の中に保たれていると、代謝もよくなり、汗をかいたとしても

 

臭いのないサラサラ汗をかくことができます。

 

 

体の中の水分は貯蓄が難しい ので、こまめに回数を増やしておくことが、

 

非常に重要です。

 

 

そして、汗をかく習慣作りも重要です。

 

汗腺は、つかわなければ 休眠状態になり、いざ働かなくてはならない段階になっても、

 

汗腺が詰まっていたりして、機能しないことがあります。

 

 

適度に、普段から軽い運動や入浴を利用して、汗を少しはかくような環境づくりや、

 

 

入浴方法を実践していきましょう。

 

 

汗の臭い対策は、習慣から来るものも多いため、普段から気をつけていくことが重要です。

 

もちろん、体質や習慣の改善だけではなく、制汗剤などを補助的にうまく使って

 

いきましょう。

 

 

脇汗と臭いとで悩んでいる人はコチラ

 ↓   ↓   ↓

これで臭いと汗対策はバッチリです

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ