汗をかいたら白いシミができた。これって何?

汗をかいた後で服を見たら、脇や背中にしろーいシミができていた、そんなことありませんか?

 

いったいこれは何なのでしょうか?

 

 

この白いシミは

 

 

です。

 

 

ある意味予想通りですか?

 

 

でも塩が出てくるってどういうことなのでしょう?

 

夏に塩分を摂りましょうというのは、ここ最近の常識になっていますが、

 

摂るどころか出るって尋常じゃありません。

 

 

この白いシミがなぜでるのか、どのように対策をしたらよいのか紹介します。

 

汗をかいた後にできる白いシミの原因と対策

汗の質が悪い

 

汗にも質のいい汗、質の悪い汗があります。

 

 

これは汗腺の働き具合によって変わってきます。

 

 

汗腺を普段からしっかりと鍛えている人は悪い汗はでません。良い汗がでます。

 

このよい汗は、体温調節の意味合いが強く、エクリン腺からサラサラの汗がでてきます。

 

エクリン腺からの汗は、ほとんどが水分でごく少量のミネラル分などが含まれています。

 

水分を放出して体内の温度を一定に保つようになっているわけです。

 

 

しかし、汗腺の力が弱っている人は、悪い汗をかいてしまいます。

 

悪い汗は、やはりエクリン腺から排出されますが、サラサラの汗ではなく、ベトベトの汗です。

 

ベトベト汗には、塩分など、普段はごく少量しか出ないはずのミネラル分が多く含まれ(だからベトベトする)気持ちよくありません。

 

このベトベト汗が乾燥し、シミとなるのが白いシミの正体です。

 

 

つまり、白いシミができる人は、悪い汗をかいています。

 

 

ただし、激しい運動などで、一気に汗をかいた場合も塩分が汗からでることがあります。

 

しかし、これは、汗腺がミネラルを吸収する速度より、汗がでていく速度の方が早くなった場合です。

 

吸収より発汗の方が多いので汗に塩が出ることになります。

 

これは、原因が運動をしたことによるものですので問題ではありません。

 

 

入浴で汗腺を鍛える

 

では、どのようにして汗腺を鍛えてベトベト汗をださないようにしたらよいのでしょうか?

 

ひとつは入浴を見直してみませんか?

 

入浴は、体質改善に重要です。

 

 

一つは、臭い対策です。体臭を気にする人は、お風呂の入り方ひとつで激減します。

 

 

これでバッチリお風呂での体臭予防はコチラ

 ↓   ↓   ↓

絶対おすすめのお風呂でできる体臭予防

 

 

そして、半身浴です。

 

半身浴をすると発汗を促し、上半身からの発汗をすることによって、汗腺がしっかりと働きます。

 

37~38度のぬるめのお風呂に20分くらいつかって半身浴をしましょう。

 

 

お風呂でできる汗対策はコチラ

 ↓   ↓   ↓

普段からできる汗腺を鍛える方法

 

 

運動で対策

 

運動も重要です。

 

特に有酸素運動をしなければなりません。

 

でも、なかなか難しいんですよね。

 

しかも、なかなか仕事で時間がとれないし・・・。

 

 

そんなあなたにおすすめの運動はコチラ

 ↓   ↓   ↓

効率的な運動はこれだ

 

 

少しづつ続けることが重要ですよ。

 

でも外に出るのもめんどくさいというあなた

 

こんな運動はいかがですか?

 

 

家でもできる、そして意外に楽で楽しい有酸素運動はコチラ

 

 

秘技!ホットヨガで対策

 

一気に体質改善を目指したい人におすすめです。

 

ホットヨガで健康・体質改善・ダイエットの3つを解決に導きます。

 

 

お金はかかりますが、自分でも効いていることが実感できます。

 

お金を出している方がやめにくいというメリット?デメリットも?

 

ホットヨガについて詳しくはコチラ

 ↓   ↓   ↓

ホットヨガで健康・体質改善・美容を手に入れろ

 

 

白いシミの原因は体内から排出される  です。

 

ベトベト汗をサラサラ汗に変えれば、塩もでず、汗腺も鍛えられており、爽やかな汗をかくことができます。

 

ぜひともチャレンジしてみませんか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ