制汗剤の副作用について調べてみました

脇汗やワキガ臭で悩んでいる人には、手放せない制汗剤。

 

 

私もその一人です。

 

 

制汗剤使っていますか?

 

 

でもその副作用について心配になる方もおられます。

 

どんな副作用があるのでしょうか?調べてみました。

 

 

ただ、その前にひとつだけ。

 

 

物事には何でも良い面と悪い面とがあります。

 

薬でも必ず副作用の可能性があります。

 

それでも薬を飲むのはなぜでしょうか?

 

それは、副作用よりその結果得られる有益性の方が高いからです。

 

副作用だけに目を向けすぎることは全く意味がありません。

 

 

制汗剤の副作用にはこのようなものがある

かゆみ・かぶれ

 

一番多い副作用はこれでしょう。

 

特に強力なものになればなるほど、かゆみ・かぶれは起こりえます。

 

根本的には、肌への刺激が強すぎて、自分には合わなかったということです。

 

これは、肌が弱くて困るということではなく、体質によって、強い人・弱い人がいるので

 

仕方ありません。

 

 

かゆみ・かぶれが起きた時には、「自分には合わないんだ」と割り切って使用をただちに中止しましょう。

 

また、中止してみてもかゆみ・かぶれが収まらない場合は、皮膚科の受診をおすすめします。

 

 

黄ばみが増える

 

次に多いのは、黄ばみトラブルです。

 

服へのシミは恥ずかしいですからね。

 

 

この黄ばみトラブルが起きやすいのは、制汗スプレーです。

 

制汗スプレーは、化学成分と冷却成分を噴霧して臭いを抑えることを主としています。

 

そのため、制汗作用はかなり弱くなっています。

 

さらに、この化学成分が、脇に存在する雑菌・皮脂と交じって、変化し、黄ばみの原因となります。

 

 

この黄ばみは、正直落ちにくいタイプです。

 

 

普通の汗の黄ばみであれば、皮脂中心のため、食器用洗剤などで油汚れ対策をすればなんとかなります。

 

しかし、この化学成分付きの場合は、分解が難しく、あきらめることにもなりかねません。

 

なんとか黄ばみを落としたい人はコチラ

 ↓   ↓   ↓

頑固なシミもなんとか落とす方法

 

 

臭いがひどく強くなる

 

これも制汗スプレーの場合に特におきます。

 

 

制汗スプレーの中には、香り付きのものがあります。

 

実際の汗や皮脂などの臭いを、香りでカバーしていくというのが仕組みなのですが、

 

この脇の臭いと制汗スプレーの香りとが混ざり合って、すさまじい悪臭を放つことが少なくありません。

 

この臭いは、化学的に作られてしまったもので、耐え難いものとなります。

 

対策としては、制汗スプレーの使用をやめることにつきます。

 

 

制汗剤が効かない人はコチラ

 ↓   ↓   ↓

制汗剤の効かない使い方をしていませんか?

 

 

黒ずみ

 

皮膚が制汗剤の影響で黒ずむことがあります。

 

これは色素の沈着によっておこるもので、メラニンが過剰に発生して皮膚を黒く色素沈着させます。

 

こうなってはどうしようもなくなりますので、まめにチェックするしかありません。

 

 

制汗剤の選び方が大切

 

ここまで副作用をみてどうでしたか?

 

制汗剤の選び方が重要であることはお分かりいただけたかと思います。

 

 

少なくとも、ドラッグストアなどの制汗スプレー(特に価格の安いもの)は全くおすすめできません。

 

制汗作用はないわ、香りでごまかそうとするわでいいことはありません。

 

 

通販専用制汗剤などを使用することをおすすめします。

 

中でもクリアネオをおすすめします。

 

 

クリアネオは、制汗作用・抑臭作用共に優秀です。

 

しかも、クリームタイプなので、少量を伸ばして使用をしますので無駄がありません。

 

効果はばっちりで、小さいお子様でも使用できます

 

 

定期購入で価格も安くなるうえに、継続縛りはなく1回だけでもOK

 

 

さらに永久返金保証付き!

 

 

ただし、

 

これらの特典は公式サイトからの申し込みだけ

 

となります。

 

 

クリアネオ公式サイトはコチラ ⇒ 【クリアネオ(CLEANEO)】

 

 

使ってみると、非常にクリームの伸びがいいのと、プッシュ式で1回量が出てきて、使いすぎることもありません。

 

肌に優しい成分ですので、副作用は少ないです。

 

返金システムがあるので、一度試してみてはどうでしょうか? 

 

 

全身で使える制汗剤はコチラ

 ↓   ↓   ↓

全身でも使用可能。高機能制汗剤。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ