脇汗と臭いについて皮膚科に相談してみよう

汗や臭いについて皮膚科に相談してみませんか?

 

 

病院に脇汗で悩んでいるんだけどどこに行ったらいいの?

 

なんて悩むことありませんか?

 

 

脇汗のことを聞くのはどこがいいのでしょうか?

 

脇汗・臭いで悩んでいる方にお勧めする病院活用法です。

 

 

脇汗や臭いで悩んだ時に行くところと解決法

脇汗や臭いで悩んで悩んだ場合の方法

 

脇汗や臭いで悩んだ場合にはいくつか方法があります。

 

 

市販のデオドラント

 

手作りのミョウバン水

 

通販などの制汗剤

 

ボトックス注射

 

手術

 

 

などなどがありますよね。

 

 

どれもお手軽なものから全くお手軽ではないものなどがあふれております。

 

 

まずは、市販のデオドラントミョウバン水から始められたらいいと思います。

 

もし、病院へ行ってみようと思ったのであれば、前もって一度相談に行くことも重要です。

 

 

では、何科にかかればいいのでしょうか?

 

 

これは、病院によっても異なりますが、多いのが、美容外科・形成外科・皮膚科・麻酔科なんかが多いですね。

 

 

しかし、どこの病院に行くにしても、事前に必ず問い合わせをしましょう

 

 

もしかすると、そこの病院で脇汗などの治療をしていないことがあります。

 

 

ちなみに、一般病院で脇汗の治療に行く場合には、 「どうにもならない多汗症」でなければ

 

健康保険が使えない場合がほとんどです。

 

 

どうにもならない多汗症とは、

 

【原因不明の過剰な脇汗が半年以上前から続いている】

 

ことが絶対条件です。これに加えて

 

 ○両方の脇で同じくらい多くの汗をかく

 ○脇の汗が多いため、日常生活に支障が生じている

 ○週に1回以上、脇に多くの汗をかくことがある

 ○このような症状は25歳より以前にはじまった

 ○同じ王な症状の家族・親戚がいる。

 ○睡眠中は脇汗がひどくない。

 

 

これら6つの中から2項目以上当てはまる場合に、健康保険適用となります。

 

 

事前に自分でチェックをしていきましょう。

 

 

美容外科は、ほとんどが保険適用外の自由診療のみであることが多いです。

 

 

一般病院での形成外科・皮膚科で対応をしていただくのが一番です。

 

 

方法は、ボトックスもしくは手術などになります。

 

 

費用は、健康保険が利用できる場合は、かかった費用の原則3割負担です。

 

 

皮膚科でもどこでもいきなり手術ということにはなりませんので安心してください。

 

 

病院の探し方のヒントとしては、病院のホームページなどを見た時に、

 

 

形成外科・皮膚科の2つを標榜している病院は、脇汗治療をしていく可能性が高いです

 

 

この2つがそろっていない所では、それぞれ確認が必要です。

 

 

病院での治療は確実ではありますが、手術などでも必ず副作用があります。

 

 

事前に医師を含めてしっかり自分でも調べてくことが大切ですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ