どんなデオドラント剤で脇汗の悩みを全解決したらいいの?

脇汗で悩んでいませんか?

 

脇汗の悩みは解決していますか?

 

 

脇汗で悩むのはもうやめましょう。

 

 

最近では、消臭・制汗作用の非常に強いものも出てきております。

 

 

どんなものがあるのかまとめてみましょう。

 

 

デオドラント剤の役割の違いを理解しよう

 

デオドラント剤とは?

 

デオドラント剤とは、いわゆる抑臭のための塗り薬のことです。

 

これを臭いが出たりする部分に塗って、抑臭をめざすものです。

 

日本では、制汗剤と同じように取り扱われています。

 

 

デオドラント剤の種類

スプレータイプ

 ドラッグストアなどで販売されているものが多い。

 

 無香料を謳っているものもあるが、完全無香料かと言われると疑問。

 

 制汗作用としてスポーツ等の前に使用するよりも、スポーツなどの後に

 

 芳香剤的に利用することも多い。

 

 制汗・抑臭能力は低い。

 

 

スティックタイプ

 

 スティックのりのように筒に入っていて直接固形部分を押し付けて塗るもの。

 

 塗っておきたいところには、ピンポイントで塗れるため、スプレータイプより効果が期待できる。

 

 しかし、直接肌に触れて塗りこむため、衛生面では問題が出てくる可能性がある。

 

 

ロールオンタイプ

 

 最近はやっているタイプ。ボールが転がって皮膚の上をまんべんなく通り、薬剤を塗りこむ。

 

 すぐに乾くが、乾燥させることが必要。

 

 直接塗りたいところに塗れるため、効果は高い。

 

 スティックタイプと同じように、皮膚に直接触れるため、衛生面では不安。

 

クリームタイプ

 

 指などに必要な分量をとり、指などを使って、皮膚に直接塗り込むもの。

 

 塗った後によく乾かした方がよい。

 

 少しの量で、薄くのばして使用するため、意外に長持ちをする。

 

 乾燥させた方がよい。

 

 必要量を自分で直接手から体に塗れるため、衛生面でも問題ない。

 

 また、クリームの伸びがいいため、経済的な面もある。

 

 

 

シートタイプ

 

 ウェットティッシュのように、なっているもの。

 

 塗れたり気になったりしたところを、直接拭き取ればよいので、確実であり、また、お手軽。

 

 汗をかいた後の使用になり、制汗・抑臭としての機能は評価は低くなる。

 

 

どのタイプを使ったらよい?

 

 制汗・抑臭効果でバランスがよいのは、クリームタイプです。

 

 

 自分で塗る量や場所も自分の指で確かめることができるし、おすすめです。

 

 迷うようであれば、クリームタイプをお勧めします。

 

 

 脇汗中心でお悩みならば、スプレータイプではなく、クリームタイプの方が、皮膚に直接触れて塗るため、確実です。

 

 スプレータイプは、軽度の方には最適ではありますが、重度のワキガや脇汗の場合は、通販物の方が、

 

 効果は高くなります。

 

 クリームタイプでバランスの取れたデオドラントはコチラ

  ↓   ↓   ↓

 これがなかったらどうしよう?最強デオドラント

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ