脇汗を拭きとろう!敏感肌でも使えるおすすめシート

脇汗を一瞬で何とかしようと思うと、拭き取るしかありません。

 

 

一番いいのは、濡れたタオルできっちり拭くのが最も効果的です。

 

しかし、濡れたタオルを持って歩くのは現実的ではないし、トイレの個室じゃできません。

 

そんな時役に立つのが、汗拭き用シートです。

 

 

色々な種類が発売されて迷ってしまいます。

 

そんなときに参考にしてもらえたらうれしいです。

 

 

敏感肌でも大丈夫。汗拭きシートあれこれ

汗拭きシートの種類

 

汗拭きシートも専用のものから応用編までたくさんの種類があります。

 

最近じゃドラッグストアでもかなりシートが場所を占めるようになってきました。

 

 

大きく分けたら3種類くらいあります。

 

 

アルコールタイプ

 

ノンアルコールタイプ

 

銀イオンタイプ

 

です。

 

アルコールタイプは、エタノール配合です。このエタノールが蒸発するときに、肌の表面の熱も奪っていきます。

 

ですから一瞬ひんやりと気持ちいい感じがします。

 

 

ノンアルコールタイプは、エタノールが配合されていません。ですから、赤ちゃんの食事などに用いられるものが多いです。

 

 

銀イオンタイプは、成分の中に銀イオンを含んでいるというのを売りにしているものです。主に臭いと殺菌を銀イオンですることができます。

 

 

脇汗で悩んでいる人が使うべき汗拭き用シートの種類

 

すばり、アルコールタイプ汗拭きシートです。

 

 

アルコール=エタノールの蒸発するときのひんやり感を求めているわけではありません。

 

 

このエタノールで脇の環境を整えます。アルコールタイプでゆっくりしっかり脇をきれいに拭き取ります。

 

拭き取ったわきをしっかり乾かします。

 

 

もし、敏感肌の方はノンアルコールタイプの汗拭きシートを使います。

 

 

アルコールでの殺菌ができませんが、さほど問題ではないでしょう。

 

 

使いたい汗拭き用シート

 

ずばり、

 

100均で十分

 

です。

 

ドラッグストアなどでいろいろな種類を売っていますが、実際には100均で十分です。

 

 

制汗剤入りのシートは、結局脇に制汗剤をすり込もうとします。しかしながら、化学成分の

 

物質が脇に行きますので、場合によっては、拭いたのにかなり臭いが発生する可能性があります。

 

 

どうしても100均が嫌だという方には、

 

 

キレイキレイ除菌ウェットシート

 

 

がおすすめです。

 

汗拭き用シートに多くを求めてはいけません。

 

あくまでも汗拭き用シートの役割は、汗を拭きとることです。

 

これに集中をして、汗をしっかり拭きとって、乾燥させることが重要です。

 

そして、乾燥したら制汗剤を塗りましょう。

 

 

汗拭き用シートの選び方はコチラ

 

 

ですから、100均のもので十分なんですね。

 

 

敏感肌の方には、ノンアルコールタイプのものを使えば問題はありません。

 

 

小さいシートですから、かばんに忍ばせておいて、必要な時にトイレの個室で拭き取ってください。

 

この拭き取りというのは、脇汗もですが、ワキガ臭予防に最適なんです。

 

やっぱり物理的に取り除いた方が効果も満足度も高いようです。

 

拭き取った後に塗っておきたい制汗剤はコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ