自転車に乗るときに汗臭くならなくする3つの方法

最近、自転車がはやっていますよね?

 

 

先日もショッピングモールに行くと、いろいろな自転車があり、

 

1台10万円超えの電動アシスト付き自転車など種類が豊富でした。

 

 

サイクリングも非常にはやっており、サイクリングロードも全国各地に整備されてきております。

 

さて、そんな自転車ですが、風をきって颯爽と走るイメージがありますが、実際はかなり汗をかきます。

 

自転車を乗るときに気を付けるべき汗対策を提案します。

 

 

これで自転車に乗るときも快適おすすめの方法

着替えの持参

 

基本ですが、サイクリングなどで遠くへ行く際には、必ず着替えを持って行ってください

 

 

自転車は有酸素運動で、爽やかな汗をかくためには非常に効果的です。

 

しかし、その分汗もたっぷりでます。そのままほったらかしにしておくと、臭いの原因になります。

 

 

下着だけでも十分ですので、着替えを持参するようにしましょう。

 

サイクリングではぴちっとした下着が多いようですが、おすすめは、

 

ユニクロのエアリズム

 

です。汗を吸収して放出しますので、さらさらな着心地です。

 

ただ、エアリズムも万能ではありませんから、着替えるようにしましょう。

 

インナーの選び方はコチラ

 

 

汗拭き用シート

 

やはり、サイクリングの中でも少し休憩をすることもあります。

 

 

実際経験しましたが、この休憩になるとバーッと汗が出るんですよね。

 

 

そんな時に、さっぱりとしたい場合にお勧めしたいのが、汗拭き用シートです。

 

 

脇汗・ワキガには、アルコール入りのウェットティッシュが最適です。

 

脇はこのアルコール入りのウエットティッシュでぬぐうと爽やかですし、臭い対策にもなります。

 

脇以外を拭きたいときは、アルコール入りのウェットティッシュで問題ありませんが、肌が弱い人には

 

きつすぎることがあるため、ノンアルコールのウェットティッシュがよいでしょう。

 

一般的に発売されている制汗シートは、一瞬ひんやりしたりしますが、化学成分が入っており、無香料でも

 

ほのかな香りがあります。これらが汗と雑菌と混ざり合うと悪臭を放つ可能性があります。

 

 

しかも、ひんやり効果などは一瞬のため、ウェットティッシュで代用すればコストも安くお勧めです。

 

 

制汗シートの選び方はコチラ

 

 

体臭予防石鹸

 

サイクリングの場合、汗を抑えるということ自体は非常に困難です。

 

有酸素運動でもあり、むしろ、汗を出すことによって体の中のメンテナンスをする効果があります。

 

そこで、サイクリング前後のケアが大切です。

 

体臭を抑えるようにするために、入浴の石鹸を見直しませんか?

 

柿渋石鹸

 

がおすすめです。

 

 

柿渋石鹸公式サイトはコチラ ⇒ 21種類もの美容成分を配合した【柿渋石鹸】
 

 

消臭・除菌・洗浄美肌を1つの石鹸ですべて賄うことができます。

 

さらに、この柿渋石鹸のみ白金ナノコロイドが配合されており、美肌効果の一つ上をいくものです

 

30日間の返金保証システムがあり、試しに使ってみて継続するかどうかも決めることができます。

 

柿渋石鹸も数多くありますが、美肌成分をここまで配合しているものは他にはありません

 

 

一度はお試しいただきたい商品です。

 

 

ちなみに洗い心地はかなりさっぱりとしていますよ。

 

柿渋石鹸の商品レビューはコチラ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ