汗を拭きとるときに差がつく、効果的な拭き取り方はこれだ

汗が出たら拭き取りますよね?

 

 

その時に拭き取り方で、差がついてしまうとしたらどうしますか?

 

 

どうせ拭くなら効果的な拭き取り方をしたいですよね!

 

汗を拭きとることによって、脇汗対策・脇の臭い対策になります。

 

 

では、どのように汗を拭いたら最も効果的になるのでしょうか?

 

 

汗の拭き方でこんなに差がつく!

いつ拭くのが効果的?

 

汗の拭き方ひとつで、その日一日がハッピーで過ごせるか、

 

汗がでるんじゃないかとおびえて過ごすかが決まります。

 

 

では、いつ汗を拭くのがよいのでしょうか?

 

当然といえば当然ですが、普通に考えれば、汗が出た直後に拭きたいですよね?

 

はずれ  です。

 

 

なぜなら、汗の役割は体温調節です。汗が出るということは、体の中の体温が高いので、

 

汗を出して体温を下げます。(原理としては、気化熱です)

 

 

ですから、汗が出た直後に拭き取ってしまうと、気化熱が発生しないため、

 

体温調節ができなくなり、気化熱用にさらに汗が噴出してくるということに

 

なります。

 

 

では、いつ拭きとるのがよいのでしょうか?

 

汗の出た直後は避けた方がよいですが、汗がでて少し落ち着いた頃が

 

汗を拭くタイミングです。

 

 

汗の役割である体温調節(気化熱での)が終わったころに汗を拭くのが

 

最高のタイミングです。

 

 

 

タオルで汗を拭く

 

汗を拭くときに、手で拭く人はあまりいません。

 

では、どのようなもので拭いたら最も効果的でしょうか?

 

 

まずは、固く絞ったタオルです。

ポイントは、「固く絞った」タオルです。

 

 

実は、脇汗に伴る脇の臭いは水溶性のため、水と結びつきやすいです。

 

 

ですから、脇を拭くときでも固く絞った、ハンドタオルなどで拭きます。

 

 

乾いたタオルは表面的な汗はとっていくものの、におい成分をすべて取り去ることは

 

難しいです。そのため、乾いたタオルでは、臭いが残ることになります。

 

 

固く絞ったタオルの利点は、脇汗・臭いをしっかりとることに加えて、

 

夏場暑い時などに、首の後ろなどをひんやりさせることができます。

 

 

首の後ろに濡らしたタオルは最高に気持ちいいです。

 

 

脇汗の原因となる雑菌はこいつらだ

 ↓   ↓   ↓

雑菌を抑えて体臭も抑えるコツ

 

 

デオドランドシート

デオドラントシートも汗を拭くときには活用したいものです。

 

ドラッグストアでもデオドラントシートはたくさんの種類発売されています。

 

みんな気になるんですよね。

 

前述した、濡らして固く絞ったタオルもよいですが、デオドラントシートであれば、

 

効果的な殺菌・除菌ができます。コストが高いのが玉にキズです。

 

 

ちなみに銀イオン配合のものが他のものと比べて効果が長持ちするようです。

 

 

まとめ

 

汗がでてもすぐに拭き取っては逆効果ですぐに汗がでてきます。

 

固く絞ったタオルかデオドラントシートで拭くことがおすすめです。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ