汗から甘いにおいがする!それは体のSOSのサインです。

身体の汗から甘いにおいがしたりしていませんか?

 

 

汗臭い臭いに比べたら、あまーい汗なんてうらやましく思っていませんか?

 

 

しかし、この甘い汗は、身体からのSOSの合図なのです。

 

甘い汗をほっておいたら実は大変なことになってしまいます。

 

 

どんなことが起きてしまうのでしょうか?

 

 

甘い汗は隠された病気の始まり

糖尿病

 

甘い病気の代表と言えば、糖尿病か歯医者かと勘ぐってしまいます。

 

その糖尿病です。

 

 

糖尿病は、字のごとく、尿に糖が混じってしまう病気です。

 

 

身体の中で、糖のコントロールを司るインスリンが働かなくなってしまい、

 

体脂肪を「ケトン体」という物質に変えてエネルギーを確保します。

 

 

このケトン体が甘いにおいを発します。ケトン体が体に増えれば増えるほど

 

甘くなるということですね。

 

 

糖尿病は、ほったらかしにしておくと、高血糖といって、意識障害を起こしたりと

 

重篤な病気になってしまいます。生活習慣病のため、

 

生活習慣の改善で、病状としては落ち着くことができます。

 

 

尿が甘い香りになったら、糖尿病の可能性が高くなります。

 

ご注意を。

 

 

ダイエット

 

ダイエットでもやり方によっては、ケトン体が発生します。

 

 

糖質制限ダイエットがそれです。

 

 

この糖質制限ダイエットをすると、体の中にケトン体が発生します。

 

 

このケトン体をエネルギーとして活用し、燃焼していくということがこの糖質制限ダイエットの原理です。

 

 

しかし、このケトン体をエネルギーとして活用できない場合には、そのままケトン体が残ります。

 

残ったケトン体からは、甘い臭いが発生するわけです。

 

つまり、

 

 尿から甘いにおい ・・・・・ 糖尿病

 体から甘いにおい ・・・・・ 糖質制限ダイエットの失敗

 

ということになります。

 

 

ダイエットにおいては、適切なダイエット・無理なくできるダイエットを続けていってください。

 

 

ダイエットで他にも注意することはコチラ

 ↓   ↓   ↓

身体の酸化によって健康被害が

 

 

 

身体が甘い・尿が甘いということは危険度としては、かなりのハイリスクになります。

 

 

というのも、そこまで病気としての糖尿病が進行しており、尿が甘いとなると、

 

身体で糖のコントロールができておらず、結構重症です。

 

ぜひとも病院を受診してください

 

 

ダイエットも、まずは、1食だけ糖質制限ダイエットに変えてやってみてはいかがでしょうか?

 

 

特に夜がおすすめです。ダイエットも正しいやり方で行っていかないと、

 

かえって体の中でケトン体がたまり、ダイエットが失敗に終わるばかりか、

 

新たな病気まで発生することになりかねません。

 

 

甘いにおいがしたら、それは体のSOSのサインです。

 

喜んでばかりはいられませんよ。

 

 

しっかり体をいたわって正しい汗と付き合い方を考えていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ