エアリズムは脇汗に効果があるのか?

エアリズム、着てますか?

 

あのピタッとした着心地エアリズム、いいですよね。

 

私もこのエアリズムに出会うまでは、かなり悩んでいました。

 

脇汗をかなりかくのですが、汗を吸うのは綿のインナーがベストです。

 

でも、綿のインナーって汗を吸うんですが、

 

吸うだけ

 

です。

 

だから、臭いは消えない・・・。

 

本当に悩んでいたんです。

 

会社に何枚かシャツを持っていってみたり、

 

制汗剤を使用してみたり・・・。

 

 

でも、そんなことより、エアリズムに出会って少し心配が減りました。

 

ここで、エアリズムと綿のインナーについてご紹介します。

 

エアリズムと組み合わせると最強の制汗作用が現れる

エアリズム

 

ご存知、エアリズムです。

 

ユニクロが数年前に開発し、今ではよくわからないバリエーションまで増えてきたインナーです。

 

このインナーの最大の特徴は、

 

呼吸する生地

 

です。

 

 

意味がよくわからなかったのですが、着てみるとその意味がわかります。

 

 

まず、肌にピタッとくっつくんです。

 

そして、汗を吸いとり、いつのまにか放出しています。

 

汗をかいたはずなのにサラサラです。

 

これは体験した人にしかわからない不思議な感覚ですね。

 

 

綿のインナー

 

言わずとしれた、綿。

 

昔からありますが、吸収力は抜群です。

 

この綿のインナーを着ると、小さいサイズでもない限り、少し、余裕があります。

 

密着感というものはありません。(ちびTが好きな人は知りませんが)

 

この綿のインナーは汗をかくと吸います。

 

しかし、それだけです。

 

 

吸っても放出しないので、

 

重い・・・

 

そして、

 

 

臭う!!

 

 

綿の問題って、ここだと思うんです

 

臭うんですよ。

 

しかも何とも言えない臭い・・・。

 

シャツについて、さらに増強されたような、グレードアップしたような

 

強烈な臭いです。

 

これをなんとかしようと、制汗剤を使用するんですよね。

 

でもなかなか、コントロールって難しいです。

 

綿は、とにかく、吸収はするけど、放出はしない。

 

 

エアリズム+制汗剤

 

以上のことより、脇汗など、汗の多い方は、エアリズムの機能が最もよい効果をもたらしてくれます。

 

エアリズムは、脇汗業界の神です。

 

しかし、エアリズムも万能ではありません。

 

汗の放出と臭いの放出はしますが、いっぺんに出る汗の量が多すぎると、処理が間に合わず、

 

汗を浸み通させて、上着に汗を付着させます。

 

 

この汗は上着について臭う汗となります。

 

そのため、エアリズムを着ていても、汗がなるべくでないように気を付ける必要があります。

 

そこで出てくるのが、制汗剤です。

 

エアリズムは、呼吸をする記事ですから、汗の分泌とともに、臭いを抑えるタイプのものが万が一の事態に備えると適しています。

 

このため、おすすめしたい制汗剤は、

 

ノアンデです。

 

ノアンデは、制汗作用とともに、消臭機能が特に優れています。

 

ノアンデの制汗作用は、普通ですが、消臭能力は、他の制汗剤の一歩先を行っている印象です。

 

ですので、ノアンデを出かける前に使用し、エアリズムを着てすごせば、最強です。

 

ノアンデについてはコチラ

 ↓   ↓    ↓

ノアンデは消臭能力に長けている

 

ノアンデを使用し、エアリズムを着ていれば、少々の脇汗では、びくともしません。

 

ポイントは、エアリズムとともに、制汗剤をつかうこと。

 

この場合、間違ってもスプレータイプの制汗剤は使わないことです。スプレータイプは、臭いに匂いをかぶせるタイプがおり、そうなると元の臭いと、新しい匂いとが合わさって、史上最強に倒れそうになる臭いを発生させます。

 

ノアンデを使用すれば、無味無臭ですし、悩む必要はありません。

 

ノアンデは、

 

公式サイトから申し込みをすると?

 

〇定期購入でも1回だけで終了しても可能。

 

〇永久返金制度あり。

お得なことばっかりです。

 

ぜひとも一度は使ってみてください。

 

特に、エアリズム単独とエアリズム+制汗剤(ノアンデ)を比較すると、雲泥の差です。

 

エアリズム+制汗剤だと全く臭いません。

 

これは、上着に汗が付着していないのが原因でしょう。

 

ぜひとも一度試してみてください。

 

エアリズムについてはコチラ

 ↓   ↓   ↓

呼吸する素材でできたエアリズム

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ